FXをはじめる前に税金の理解を深める!

節税のためには、必要経費をしっかり記録しておきましょう!

FXには税金がかかることはお話しました。税率は、20.315%です。

コチラのページを参照⇒FXの利益には税金がかかります!

 

考える男

そして、納税方法が確定申告による納税方法で、
損失が出てしまった年でも、確定申告したほうが良いともお伝えしました。
繰越控除という制度により、税金が減る可能性があるからです。

 

では、その他に、節税の方法があるかと言うと、
確定申告の時、必要経費を申告することです。

 

FXの税金は、利益に対してかかりますが、経費があれば、
利益から経費を差し引いた金額が、課税対象額になるからです。

(利益-必要経費)×0.20315=FXの税金金額

計算式としては、上のようになります。
必要経費の値が大きくなれば、それだけ課税対象額が減り、税金が減ることがわかりますね。

 

必要経費と認められるものとは?

対象となる経費のリストを提示できればいいのですが、
経費と認められる項目は、はっきりと決まっていません。

 

基準となるのは
「FXの利益を上げるために、必要だった金額」
かどうかです。

 

ポイントを伝える女性

しかも、確定申告は、自己申告なので、こちらが、経費として計上せずに申告しても、
税務署の人は、わざわざ「〜の経費の計上をお忘れですよ!」なんてことは言ってくれません。
そのままスルーされて終わりです。

 

確定申告の際、申告するのは自由です。
認められなければ、経費に計上されないだけです。

 

ですから、自分で、これはFXの経費になると考えれば、しっかり申告しましょう!

 

経費の例

パソコンとスマホ

決まっていないとは言っても、どういうものが経費としてあるかと言うと、

  • PC代金
  • セミナー代金
  • 書籍代金
  • 情報商材代金
  • 交通費
  • スマホの通信費
  • プロバイダー料金
  • パソコン机代金

などなどです。

 

もちろん、「FXの利益を上げるために、必要だった金額」が基準ですので、
セミナーならFXのセミナー限定ですし、スマホの通信費も取引に使った分だけ、
プロバイダー料金も単なるネットサーフィンの分は除外で、FXの取引や情報収集に使った分だけが対象となります。

 

ネットの通信費などは、全体の使用に対して、
FXに関する使用がどれぐらいかを、常に記録を取っておきましょう。
使用明細などがあればいいですね。

 

また書籍代などの領収書も、但し書きを単なる書籍代ではなく
「FXに関する書籍」とか「書籍のタイトル」を書いてもらいましょう。
ちなみに領収書は、確定申告時に提出の義務はありませんが、
何か質問が来たときには、それを見せて、説明できればいいのです。

 

つまり、税務署に提出後、
「これ経費としてはおかしいんじゃない?」
と言われた時に、合理的に説明できれば、経費として認められる可能性が高いという事です。

 

節税のための取り組み

管理人は、日々、経費に計上できそうなものは、エクセル上に記録しています。

カレンダー

そして、毎週末に、その週分の経費をチェックし、
領収書など確定申告時に必要な書類を整理しています。

 

確定申告前に、整理しようと思っても、私の性格上無理ですからね(汗)

 

それに、きちっと整理された提出書類の方が、税務署での印象も良いものになります。
最終的に判断するのは、税務署にいる同じ人間ですので、その辺の気遣いもお忘れなく!

 

 

FXはいくらから始めることが出来るのか?知りたい人が読むサイトに戻る