fxと税金の関係を解説!

FXには税金がかかり、確定申告が必要な場合があります。確認して忘れずに!

FXで得た利益には税金がかかりますよ。

 

税率は、20.315%となっています。
対象となる金額は、1/1〜12/31までに出した利益分です。
納税方法は確定申告になります。

確定申告

確定申告は、毎年、2/16〜3/15の期間に行ってください。

 

確定申告を怠ると、最悪「脱税」と見なされることがあります。
今は、マイナンバー制度がありますので、逃れられません。

 

確定申告が必要ない方もいます。

以下の人がそうです。

 

  • 会社員などで源泉徴収される人の内、年収が2000万円以下で、給与以外の年間の利益が20万円以下の人
  • 専業主婦や無職の給与が無い方で、FXの収入を含めた所得が年間38万円以下の人
  • パートさんなどの収入が年間65万円以下で、FXを含めた所得が年間38万円以下の人

 

顔を出す

 

多くの人が、FXで20万円以上の利益を出さない限り、確定申告は必要ありません。

 

 

注意点として、

扶養に入っている人は、38万円以上の利益を出すと、
扶養から外されてしまうことです。
外れると、ご主人の税額が増加したり、
自身の国民健康保険料などの支払が発生してしまいます。

 

繰越控除という仕組みを覚えておきましょう!

例えば、FXの年間利益が無く、逆に50万円損したとします。

 

この場合、確定申告の必要はないと思いますね?
法律上は、問題ないんですが、
損した場合も、確定申告をした方が、節税に繋がる場合があります。

 

それは、損失を翌年以降の利益と相殺できる
繰越控除という仕組みがあるからです。

説明する男性

 

例えば
1年目:損失50万円
2年目:利益70万円
だったとします。

 

1年目に確定申告しなければ、
2年目に、70万円の利益に対する税金、約14万円が徴収されます。

 

しかし、1年目に確定申告していれば、
2年目の利益は、70万円-50万円=20万円
となり、
2年目に徴収される税金は、20万円に対するものですから、約4万円となり、
大幅に節税できます!

 

この繰越期間は3年間ありますので、
FXを長く続ける方は、損失が出た年でも、必ず確定申告を行ってください。

 

繰越控除が対象になる金融商品

繰越控除が対象となる金融商品はFXだけではありません。

 

以下のデリバティブ商品が対象です。
デリバティブ商品(日経225やCFD等。株式は含まれないので注意)
とは金融派生商品と呼ばれることもあります。

 

具体的には、

  • CFD
  • 取引所FX(くりっく365)
  • くりっく株365
  • バイナリーオプション
  • 株価指数先物(日経225先物・TOPIX先物など)
  • 商品先物取引(金・プラチナ・原油・とうもろこし)

 

などがあげられます。
FXの損益と合わせて、課税対象金額を出せます。

 

 

注意点は、株式や投資信託は、対象外となることです。

 

 

金融商品によって、税制が異なる為ですが、
統一しようという動きもあるようです。

 

大事ですよ!と言う感じの男性

簡単ですが、以上がFXの税金に関する概要になります。
大切なことは、
税金を含めた、支出がどれだけになるのか、しっかり管理すること。
出た利益を丸々次の投資に使ってしまうことのないようにしてください。

 

あとは、確実に納めることです。
FX会社から、金融庁に、利益は報告されています。
申告漏れをすると「脱税」の疑いをかけられますので、しっかり管理しましょう。

 

 

FXはいくらから始めることが出来るのか?知りたい人が読むサイトに戻る